ザッツ裏風俗! チョンの間 その1

ザッツ裏風俗! チョンの間 その1

風俗嬢よりも素人ギャルが好きな方のための無料レポート

無料お持ち帰りレポート

ザッツ裏風俗! チョンの間 その1

赤線、青線などと呼ばれる地域があるということは、風俗好きの中ではよく知られていることですが、この赤線、青線という言葉の定義そのものは結構諸説あるようで、そのルーツをたどると戦後史の暗部を洗わなければならず、かなり大変です。ですから、ここでは赤線、青線をどうこうするのはやめましょう。そういうものがある、というぐらいに留めておくと良いです。

 

 

 

ともあれ、赤線、青線の中にある風俗、これは一般的に「チョンの間」というように言われています。当然のことながらチョンの間では短時間の間に本番行為が提供されており、裏風俗となります。

 

 

 

チョンの間という言葉の由来は、まあ想像できるとは思いますが「ちょっと一発やっていく」ということから来ています。あくまでも裏風俗ですから、短時間の設定のあるソープランドなどはチョンの間とは呼ばれません。大抵15分とか20分というかなり短い時間が設定されています。つまり、余計なことは何もしません。おしぼりで拭いて、ローションを塗って、ゴムを付けて、そして入れて、出すだけです。

 

 

 

15分、20分でコトを終えないといけませんから、向き不向きがあります。じっくり会話なども楽しみたいとか、擬似恋愛を体験したい、という向きには、ハッキリ言ってチョンの間は向きません。他を訪ねることをお勧めします。ちょっとだけ行って、本番をして抜きたい、という要求はある意味で特殊な欲求なのかもしれませんね。祝祭的というか…

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ