初心者はこれを読め!風俗まるごと早わかりまとめサイト

初心者はこれを読め!風俗まるごと早わかりまとめサイト

風俗嬢よりも素人ギャルが好きな方のための無料レポート

無料お持ち帰りレポート

キャンパブとは

キャンパブという言葉をご存知でしょうか。聞いたことがない、という人がほとんどでしょう。私も同じく聞いたことがありませんでしたが、とある東海地方出身の風俗ライターの方に教えてもらいました。なんでも、キャンパブとはキャンパスパブの略称で、他の地方で言うピンサロのことなのだそうです。

 

ピンサロのルーツは、昭和30年代におけるキャバレーであると言われています。とは言っても、今で言うキャバレーとは異なります。日活ロマンポルノで「キャバレー日記」という名作がありますが、あの作品の中では、まさにピンサロのルーツになったキャバレーの姿が描かれています。椅子は一方向を向いており、ボックスシートの上でキャバレーの女の子が、男性に対して性的なサービスをします。基本サービスは「シコシコサービス」と言われるもので、手コキのみでしたが、しかし女の子たちは人気を取るために、フェラ、はたまた本番行為にまで及ぶのです。

 

ただ最近、ピンサロの経営も厳しいのです。絶滅の危機?ピンサロ好きの体験談を読むとよくわかります。

 

ピンクサロンという呼称が生まれたのは昭和44年であると言われています。最初はやはりハンドサービスだけでしたが、それに加え、お触りとフェラが追加されます。

 

ちなみに何故東海地方でピンサロがキャンパブと呼ばれるかということは未だに分かっていません。セクキャバなんかのことをキャンパブと言ったりしますから、なかなかこのあたりの問題、根は深そうですね。そのうち風俗民俗学みたいなジャンルが確立されれば、いずれあきらかになるでしょう。

 

横浜デリヘルを探すならY-CUTE

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ